医者の責任

医療に携わる仕事は細心の注意を払わなければ

患者の命に関わる重大な仕事ですが、

6月に歯の治療中に2歳の子供が気道に綿を詰まらせ

死亡してしまうという痛ましい事件がありました。

 

治療中は激しく子供が泣き叫んでいたために助手三人と

母親が手足や頭を押さえていたのだそうです。

 

そして、医者は普段から綿を指で押さえず

唇と歯茎でのみ挟んでいたのでこの様な事件が起きてしまいました。

 

たとえ悪気はなくとも子供は亡くなってしまったので

不注意ではすまされず、業務上過失致死容疑で

歯科医は書類送検されました。

 

この記事を読んで医者という仕事の責任の大きさを感じました。

« 瑞宝章授与 | メイン | ウィキリークス »