教え子と旅

今朝の新聞にて69歳の女性が

29年前に担任した小学校1年生の生徒3人と

シンガポールへ旅をしたという記事があって

読んでいて胸が温かくなりました。

 

当時のクラスの3人娘に背中を押されて初めて海外に行ったのです。

その女性は誕生日だった為、みんなが祝杯をあげてくれて

懐かしい思い出話に夜が更けるのも忘れたそうです。

東洋と西洋が混在する町並みや名所を巡り、異国料理を食べ歩き、

夢のような6日間だったと書かれていました。

 

退職してから10年経って最高のプレゼントであり、

教師冥利に尽きる旅だったそうでうす。

 

とってもいい先生だったからこそ

生徒さんも29年経っても先生を慕っているのでしょう。

 

私も大好きだった先生がいますが、卒業以来交流がないので

覚えていてくれているのでしょうか。

久々会いたいなぁと思いました。

« 建築の魅力 | メイン | 進化するプリンター »