はやぶさ

小惑星探査機はやぶさが

先日日本に帰ってきました。

 

と言ってもはやぶさ自体は大気圏で燃え尽きてしまい

涙を流した人がたくさんいると聞いています。

 

私も、7年間も宇宙を旅して任務を遂行して

たくさんのドラマがあったはやぶさが燃え尽きてしまう事に

とてもせつなくなりました。

 

任務を遂行したというのはイトカワという小惑星の砂や石を持って帰ってくる

というミッションでカプセルはオーストラリアの砂漠に落とされたのですが

中身が入っているかどうかは半年くらい先になるそうです。

なので、任務を遂行したのかどうかはまだ分かりませんが

充分頑張ってきたのだと拍手を送りたいです。

 

また、なぜカプセルの中身を確認する事に半年も時間がかかるのか

とても不思議です。

 

もしカプセルにイトカワのサンプルが入っていれば

小惑星から持ち帰ったのは世界初なのだそうです。

 

日本のロケットは延期や失敗が多いイメージでしたが

このはやぶさの偉業は快挙だと思います。

 

どうか中身が入っていますようにと

祈るばかりです。

« 感動した事 | メイン | ワールドカップ »