電話対応

出向から戻り自社に帰ってきて1ヶ月後くらいだったかと思います。

上司から電話があり、何かやらかしてしまったのかと

ビクビクしながら電話に出ました。

 

その時に「何でそんなに暗い声なの?」と

注意されました。

自分ではまったく気付いていなかったのですが、

確かにあの時の声はもしお客様だったらかなり失礼だったかと思います。

 

いつでもどこでも誰にでも恥ずかしくないように対応に心がけようと

反省しました。

 

例えば親から電話がかかったきた時にコロッと態度が悪くなる人がいました。

その人の本当の姿を見たようでとても残念でした。

逆に身内でも態度が変わらない人は裏表がないのではと感じます。

 

電話は顔が見えない分、余計に態度で人間性が出てしまうのかもしれない。

そう考えるとよりいっそう丁寧に対応しなくてはと思います。

 

 

« 人気ブロガーの努力 | メイン | ようやく黒字に »