犬のためのボランティア

フリーマガジンで日本の犬事情を教えてくれる雑誌があります。

この雑誌は犬を救うドネーション活動の雑誌でもあります。

 

日本では年間約30万頭もの犬の命が人間によって見捨てられ、

命を奪われているそうです。

 

日本は先進国なのにヨーロッパやアメリカに比べると

動物愛護に遅れをとっています。

 

その雑誌の団体は犬の殺処分をなくすための

保護団体ネットワークの構築、調査、研究活動を行っています。

 

うちの娘は将来ペットショップ屋さんで働きたいという夢を持っています。

売れ残った犬は保健所で殺されちゃうから全部飼うようにしたいんだ

と言っていました。

 

そんな残酷なペットショップはなかなかないと思いますが

うちの今飼っている犬もペットショップで売れ残っていた犬です。

娘がねだって父が買ってきたのですが値下げしていたとの事。

いつも情けない顔をしている犬ですが、可愛くて仕方ありません。

娘は「殺されずに済んだのは私のおかげだよ」と犬に話しかけています。

かなり上から目線でやめていただきたいのですが、

その優しい気持ちは大人になってからもずっと持ち続けてもらいたいと思います。

 

話は戻りましてその団体の人達の活動は犬好きな私からしたら素晴らしいと思います。

動物を捨てたり野放しにしているから野犬が増えたのだったら

それは人間の責任です。

 

そして、人間の勝手で殺処分をする前にもっと良い解決方法はないかと

考えてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« タクシーサービス | メイン | 油臭い魚 »