市町村大合併

国が主導した平成の市町村大合併で全国の「市」と「町」の数が

784と初めて並んだと新聞に載っていました。

大合併は1999年4月にスタートして開始直前には「町」が1994あり、670あった市より

3倍近く存在していたようです。

3月8日には山梨県の町が合併するため「市」の数が「町」の数を逆転するそうです。

私の地元の市では市町村の合併を考えて必要以上に大きな市役所を作ったのですが、

結局合併せず、財政難だそうです。

市民は無駄な税金を使うなと怒り気味でした。

でも合併を反対する声も大きかったのも確かです。

私は慣れ親しんでいる市の名前が変わってしまうのが嫌でした。

それと、住民自治の仕組が上手くできていないと、地域づくりに対する行政支援体制が

霧消してしまう恐れがあるのでやたら合併するのもどうかと思います。

 

« 不調な百貨店 | メイン | タクシーサービス »