不調な百貨店

商店街は一部の元気な商店街を除いて長期低迷しており

商店街を取り巻く環境は年々厳しくなる一方で

構成する店舗の廃業、撤退が相次いでいます。

私の地元の商店街も周りにデパートができるにつれて

シャッターがおりているお店が増えてきました。

しかし、ここ数年は百貨店ですら長引く消費不況で赤字が続き

閉店や合併が目立ってきています。

今は低価格のカジュアル専門店に顧客を奪われているそうです。

新聞には売上が減っても着実に利益が上がる体質への改革が必要だと

書かれていました。

こうして色々な経済産業の話を知ると景気回復を待っているのではなく

状況に応じてどう変われるかが企業に問われているのではないかと思います。

商店街には商店街の良さがあり、百貨店には百貨店の良さがあるので

うまく客足が揃うといいのになぁと感じずにはいられません。

 

 

« リコール | メイン | 市町村大合併 »