リコール

大手自動車メーカーが米国で発表したアクセルペダルの不具合による

230万台のリコールに対応するために対象8車種の販売と生産を一時中止する

異例の借置をして、さらには、昨年11月に米国で発表した自主改修を含めると

なんと対象車は690万台に達しました。

なぜな品質神話に傷がついたのかというと

海外生産ではコストの削減の為、日本でしか生産できない高機能の部品以外は

現地で調達する事が基本との事です。

品質第一を掲げていたメーカーでしたが、海外ではうまく機能しなかった面が

多いようです。

販売の復調などで黒字回復を視野にいれ始めていた矢先に

大量のリコールのせいで遠のく可能性もあるとニュースでやっていました。

部品のコスト削減と品質が下がるとは限りませんが、

なんとなくイコールに考えてしまいます。リコールだけに。

なんてくだらないダジャレを言っている場合ではないのですが。。。

 

 

 

 

 

« 教育旅行 | メイン | 不調な百貨店 »