株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>インターネットサイトの検閲

インターネットサイトの検閲

ニュースで見たのですが、アメリカのインターネット検索エンジン最大手の会社が

中国国内で行ってきた検索表示の自主制限を一部解除しており、中国国内から

サイバー攻撃を受けたことを理由に、中国政府が行ってきた検閲廃止を目指して交渉すると

表明しています。

自主制限の一部解除は検閲やサイバー攻撃への対抗借置とみられ

同社と中国との交渉の行方にも影響を与える可能性があるそうです。

中国政府が検閲対象写真を表示させないためには

国内から同社へのアクセスを遮断する以外には方法がないとみられます。

ただ、同社へのアクセスを遮断すると、国内の莫大な数のユーザーに

多大な影響を与えることになり、中国が強制措置に乗り出せば、

同社は中国からの撤退を辞さない構えで、両者の摩擦はエスカレートしそうとの事です。

その国によって考え方は様々ですが、莫大な数のユーザーの事を

考えれば検閲廃止にした方がよいのではないかと思います。

 

 

« ワーキングホリデー? | メイン | インフルエンザ »